2021年9月26日

どんな活動をしてきたのかのページ

2012
・菊地は一丁前に恋などをしていた。
☆この時期にできた曲
「ふぞろいな苺のケーキ」

2013
・バンドをがんばっていた菊地が「このままだと何もしない、何もできないまま歳をとっていってしまうのでは?」と危惧し、ドラムとベースを言いくるめてバンドを結成する。
・ドラムの人は精神が壊れ、人でなくなる。
☆この時期にできた曲
「僕とあなたがほしいもの」「MOTHER」「何も見えてない僕なんて」「アン王女の休日」「Ray」「夢見る夢子ちゃん」

2014
・バンドをがんばっていた菊地が、バンドを頑張りながら曲を作り溜める作業に入る。
・ドラムの人は精神が壊れ、ドラムが叩けなくなる。
☆この時期にできた曲
「薬と医者と病原菌」「comics」「ダイナモ」「404errer」「プレミアムサービス」「ダイヤモンド」

2015
・バンド活休しちゃったしがんばろ!となる。彼女と別れる。
・無料のCDを郵送する。「ワールドエンド」「ふぞろいな苺のケーキ」「ダイヤモンド」の3曲入りとかだったと思う。
・ライブを精力的にこなし、そこそこのバンドのサポートなどをし、精神を壊す。
・菊地の精神と引き換えに、ドラムの人の精神が生活できるレベルになる。
・MASH A&Rというコンテストがあって、それに入賞してmusicaにちょこんと載ったのがうれしかった。
・デモをたくさん原価で配った。
☆この時期にできた曲
「ワールドエンド」「ゼロサムゲーム」「キラーマシン」「と金」「ティティ」「ここが地獄でも」「愛で終わらせないでくれよ」「ファンタシースター」「ラブミーギミー」「Because I Love You」「春と屍」「ラブメイカー」「人殺しになりたいわけじゃない」

2016
・バンド解散しちゃったしがんばろ!となる。
・ビクターのイベントに呼ばれるも、どうしていいかわからずすぐに帰る。
☆この時期にできた曲
「FUJIpublic」「チョコワッフルピーナッツ」「MY SERIOUS DANCE」「これが僕らのはっぴぃえんど」

2017
・やりたくなかったけどやれっていう人がいて2月にはじめて自主企画とかする。
・17曲入りのCDを発売する。100枚売ったあたりでもういいかとなる。
・他のバンドのサポートをしたり加入したりする。彼女と別れる。
・マジックザギャザリングをまた始める。
☆この時期にできた曲
「ラーメンってめっちゃエロい風呂みたいな感じ」「おれのパソコンひんやりしてるぜ」「Snowman’s today」

2018
・曲ができなくてびびる。仕事がいい感じになる。
・パソコンのデータをすべて間違えて消す。
・マジックザギャザリングと並行してポケモンカードを始める。
☆この時期にできた曲
「事実とは異なるラプソディ」「LIFE IS OVER」「荒廃した世界」

2019
・曲を作ってなくてびびる。仕事に困らないなあ、の状態になる。
・マジックザギャザリングとポケモンカードを並行し、デュエルマスターズを始める。
☆この時期にできた曲
「大人になってしまったら」「僕らにはなにもできない」

2020
・コロナで仕事が増える(ありがたい)が、自分の時間が増えて暇(ありがたい)になる。曲をたくさん作ったりすることができて嬉しくなる。俺に足りなかったのは時間だったんだな、と気付く。彼女と別れる。
・マジックザギャザリングとポケモンカードとデュエルマスターズを並行し、遊戯王を始める。
・マッチングアプリを始めるも、すごい電話してくるタイプの女の人とマッチし、週に1回ほど理不尽に詰められたりして軽く鬱状態となる。
☆この時期にできた曲
「すべてまにまに」「弓と弦」「アダムアーティファクト」「アナゲンニシ」「ゼンノー」「血みどろのおいしいコーヒー」「ナースコール」

2021
がんばってる。まかせて。