前回のデモCDがもう作るの嫌になっちゃったので新しいデモCD発売開始!

聞くと死ぬCDを売り始めました!

まじかよ!

改めて聞くといいなあって思った、USBやハードディスクに入っていた曲から新しいCDを作成!

全11曲。「CDって割と売れるんだ」って味をしめて100→200円の大幅値上げ。
全11曲。「CDって割と売れるんだ」って味をしめて100円→200円の悪徳すぎる大幅値上げ。

値段が上がった上に前回より3曲少ない。

顧客からしたら相当なクレームものな気もするが、「200円で11曲のデモ」という釣り合いがなにかいい感じのなにかをなにかするだろう。

値上げしたので曲紹介をする。

ここで突然の曲紹介!!!!111111

1.Mother

※画像はイメージです
※画像はイメージです

タイトルの通り、任天堂の「Mother」というゲームの事を思い浮かべながら作った曲。

2013年くらいにできた古いやつなので、さよ今の遠征の時に渋谷と菅原に聞かせてたら後ろで寝てた佐伯が「いい曲だねえ」って言って起きてきたのが印象深い。

2.速い曲

キラーマシンという曲と共にできた曲。その頃嫌な事がたくさんあって同時に2曲作成。

キラーマシンより聞きづらいし演奏しにくいのでライブでも一回とかしかやった事ないお蔵入りになりつつある曲。

3.夢見る夢子ちゃん

※画像はイメージです
※画像はイメージです

よく中学生の頃に「自分にはきっと特別な力がある」とよく思ったなあって曲。

授業中にテロリストが襲ってきたらとか、急に自分に翼が生えたりとかしないかなとか、写輪眼発現しないかなとか、そういう歌。

※画像はイメージです
※画像はイメージです

4.ふぞろいな苺のケーキ

すごいおいしかったの
すごいおいしかったの

20歳くらいの頃、ロッキン優勝して気分よくて「曲作ろ!」って思って、そん時当時好きだった子とジブリ美術館に行ったらレストランがあって、そこのデザートの「ふぞろいな苺のケーキ」が超おいしくてもうなんか歌にしようと思った歌。

5.遊び心あるゼロサムゲーム

デビーヘムロックは4人組バンドであるが、音楽的にはPCでいう不可視ファイルみたいな5人目の不可視メンバーがいて、そいつの発案でできたDJみたいなゼロサムゲームという歌がある。遊びすぎてたのでボツにした。

原曲は以下からどうぞ。↓

6.避難経路

高校くらいまですごく具合悪くて発熱した時に絶対見る夢があったんですけど、その夢を曲にしよう!と思って曲にしたという。

7.何も見えてない僕なんて

中学生の時に好きな女の子は名田さんというソフトボール女子であった。ピッチャーをしていて、常にハツラツとした可愛らしい女の子。

そんな僕は管弦楽部(吹奏楽部的なやつ)。構内で練習中だった名田さんに遭遇し、手を振られたと思ったらおれの後ろの人だった。

そしたら名田さんが「君じゃないよー!笑」なんて可愛らしい笑顔で言うもんだから、僕は恥ずかしかったけどなんか笑ってる名田さんがあまりに可愛くてまあいっかってなって練習に戻った。

8.ダイナモ

※画像はロックマンXに出てくるダイナモというキャラです。
※画像はロックマンXに出てくるダイナモというキャラです。

僕の心が冷たくなったら君はどうするんだろか」って歌ってるんですけど、いろんな人に対して思うし、自分もそう思われてんのかなって思うんですよね。

9.ラブミーギミー

ゲスの極み乙女の「猟奇的なキスを私にして」に影響されて作ったらそのままになっちゃって、松太郎くん(Ba)に「これはちょっと…」って言われてそのままボツに。

ゲスの極み乙女の「猟奇的なキスを私にして」はこちらから↓

10.愛で終わらせないでくれよ

同時に3曲作った時期があって、唯一バンドで演奏してない謎の歌。

11.ふぞろいな苺のケーキ(超初期・爆死)

やっぱり初めての曲ということもあって、いろいろなことが思いついたので全部やったバージョン。菅原に「前のほうがいいよ」って言われて誰も知らぬ間にボツにした。